誘発効果と誘発即時効果の違いとは?起動効果や他の種類について【今更聞けない#2】

誘発効果 誘発即時効果 違い 起動効果 種類 遊戯王 某社決闘部




どうも!某社決闘部です!

大人気企画(当社比)である今更聞けないシリーズの第二弾!「誘発効果と誘発即時効果の違いについて」学んでいきたいと思います!

誘発効果と誘発即時効果って字面だけを見ても違いがわかりにくいですよね。そんな理由からか、遊戯王ルールの躓きポイントでもあり、遊戯王初心者が発狂する場所です。

もちろん我々某社決闘部も発狂してきました(笑)

今回は、実戦に耐えうるレベルまでの理解を目的に記事を書いていこうと思います。というよりも本気で隅々まで理解しようすると話が細かすぎて何万文字必要なのかわからないので諦めました。

それでは始めていきましょう!

モンスター効果の種類をおさらい

某社決闘部
某社決闘部とはこんな人たちです!Twitterもやってるよ!

まず大切なポイントとして「そもそもモンスター効果ってどんな種類があるの?」という部分をおさらいしましょう。

普段のデュエルでなんとなく理解出来ている部分だとは思いますが、「モンスター効果を分類し説明せよ」的な問題を出されると冷や汗が出ませんか?(笑)

実際、我々某社決闘部も冷や汗が出ますし、これから遊戯王を始めたい方や初心者の方には、ちんぷんかんぷんな内容だと思います(笑)

ということで、モンスター効果を分類すると以下の4つになるので覚えておきましょう!

  • 誘発効果
  • 誘発即時効果
  • 起動効果
  • 永続効果

それぞれの効果について説明していきますので、ざっくりと理解していきましょう!これであなたの決闘者スキルは中レベルに向上します!(笑)

誘発効果をざっくり理解する

まずは「誘発効果」から見ていきましょう!

豆知識
誘発効果は英語だと「trigger-effect」です。

誘発効果の定義

  1. 何か条件をトリガーに発動する効果
  2. 条件を満たせば相手ターンでも発動できる効果

誘発効果をカードテキストから見分けるコツ

「〜をした時に発動」「〜をした場合に発動」と記載されているもの。

ただし、「〜をした時」には例外で「誘発即時効果」となるものがあります。ここが複雑でみんなが発狂するポイントです(笑)

判断基準としては、チェーンを組めるかどうかですね。

例えば、自分のカードに「〜の効果が発動した時に発動」という記載があった場合、「〜の効果が発動」に直接チェーンを組んで発動するので、この場合は「誘発即時効果」に分類されます。

逆に、自分のカードに「〜のモンスターが召喚された時に発動」とか「〜をした場合に発動」という記載であれば、直接チェーンを組んで発動するわけではなく、「〜のモンスターが召喚された時」とか「〜をした場合」を解決してから、発動するので「誘発効果」に分類されます。

誘発即時効果をざっくり理解する

次に「誘発即時効果」を見ていきましょう!

豆知識
誘発即時効果は英語だと「quick-effect」です。

誘発即時効果の定義

  1. 通常罠カードと同様に発動できる効果
  2. スペルスピード2

誘発即時効果をカードテキストから見分けるコツ

「相手ターンでも発動できる」という記載があれば「誘発即時効果」です。

また、前述しているように「〜の効果が発動した時に発動」のような、直接チェーンを組むことができる効果も「誘発即時効果」に分類されます。

起動効果をざっくり理解する

次に「起動効果」を見ていきましょう!

豆知識
起動効果は英語だと「activation-effect」です。

起動効果の定義

  1. 自分ターンのメインフェイズのみ発動できる効果
  2. 通常魔法と同様に発動できる効果

起動効果をカードテキストから見分けるコツ

「自分のメインフェイズのみ発動できる」や「発動タイミングが記載されていないもの」が「起動効果」に分類されます。

永続効果をざっくり理解する

次に「永続効果」を見ていきましょう!

豆知識
永続効果は英語だと「permanent-effect」です。ちょっと自信がないので間違ってたら教えてください汗

永続効果の定義

  1. 発動を宣言せずに利用できる効果
  2. フィールドに表側表示で存在する間のみ適用される効果

永続効果をカードテキストから見分けるコツ

「このカードが〜〜ゾーンに存在する限り」とか「このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り」のような記載があれば「永続効果」に分類されます。

ちなみに、発動を宣言して利用する効果ではないので、チェーンを組むことは出来ません。

その他例外的な効果をざっくり理解する

最後に例外的な効果ですが、これについてはカードテキストで見分けるコツはなく、上記の4分類に分類できないものと考えるしかありません。

例えば「〜〜を除外して特殊召喚できる」というものがあります。これは効果を発動しているわけではないのでチェーンブロックは組まれません。このカード専用の「特別ルール」くらいに覚えておくといいと思います。

エクゾディアの特殊勝利も同様ですね。

まとめ

さてさて、今回は「誘発効果と誘発即時効果の違い」に合わせてモンスター効果の種類について学んできました。

細かいところを言えば、この記事で語り足りていない部分も多くまだまだ文字数が足りないのです。しかしながら、細かく隅々まで理解しようとすると余計にわからなくなってしまうという負のループに陥ってしまいます。勉強と同じで「大枠の理解」→「細部の理解」が基本ですね!

この記事に書いてあることを理解できていれば実戦では困らないと思いますが、さらに遊戯王を深く理解したいぜという場合はいばらの道が待っていることを覚悟の上で進んでいってください(笑)